スポンサーサイト
2017.10.14 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
メダカのご馳走”ミジンコ”
2017.05.30 Tuesday 22:01

JUGEMテーマ:めだか メダカ

我が家の日頃のメダカのエサは人工飼料がメインです。

しかし、タイトルの通り、たまにはご馳走をあげたくミジンコも増やしています。(培養してます?飼育しています?)

去年の記事にも書いていますが

庭で扱っているミジンコはダフニアミジンコですね。

バケツ2個。蓋に網戸の網をしてボウフラ、アカムシの侵入を予防しています。容器が深いので駆除が大変ですらね。

アップ

iphone6sではここまでが限界ですかね。

他にタライでも維持しています。

メダカにあげるために増やしている、培養しているのですが、何気に面白くメダカと同じくらい手間をかけていますw

飼育、維持程度でしたら容器に枯草でも入れておけば生存しています。ある時期爆発的に増えて、自分たちの密度のせいで”ほぼ”全滅します。しかし、実際には全滅ではないみたいで、或いは耐久卵が残っていたのか、いつの間にか復活しています。

私のバケツは何回か繁栄と滅亡を繰り返しています。

ある程度ミジンコの数が増えたら惜しみなくメダカたちにあげることで、密度を低くしてやらないと、ある日突然全滅しています。

 

惜しみなく与えたことで少なくなったミジンコ達。

早く復してもらいたいですね。そんな時、私はエサを与えます。

ドライイーストをよくよく水に溶かし与えています。

 

 

 

 

 

 

| ブルーネオン | みじんこ(インフゾリア) | comments(0) | - | pookmark |
メダカの稚魚達も順調に成長中!
2017.05.21 Sunday 23:04

JUGEMテーマ:めだか メダカ

 

庭をいじったりするのによい時期です。福岡は、ここそばらく休みの日に雨が降っていないような・・。庭遊びが進みますw

今年度もオークションで卵の状態で数点落札しています。

いつもの通り、100円ショッププラケースにて孵化〜育成します。

相変わらず写真下手です。ちいさな稚魚が分かると思いますし、ダフニアミジンコも入れています。薄いグリーンウォーターの中生存率も高く成長中です。

孵化から三日後くらいからゾウリムシを与えますね。前にも同じようなこと書きましたねw

今年のこの時期は、職場でもメダカのニーズが増えましたので育成に力を入れています。

ゾウリムシペットボトルが12本あり、ローテーションで与えています。

う〜ん。。ピンボケ。(iphone6sでは接写は限界ありますね。。)

(屋内の趣味のアフリカンシクリッドも他の種類も繁殖してますが、稚魚が小さくて写真に写らんのですよ。。)

(ふむ。。コンデジでも買うか。。)

ゾウリムシはマストアイテムですね!安全に、健やかに、成長させるには。

屋外飼育で産卵床に産卵したメダカでしたら、大量の卵がありますので、屋外でプランターなんかで育成しても十分な匹数大人にできます。十分な匹数大人にできますが、ソコソコの犠牲者も出ているはずです。

オークションで落札した分は、卵自体の個数が少ないので(15個〜20個)できるだけ多くを大人にしないといけませんので過保護になってしまいます。

プラケース内の稚魚達も、人工飼料を口にするようになってきたら、より水量の多い容器に引っ越しです。

自分の部屋の狭いベランダに置いてある稚魚用マンション。

ここで、大人に食べられないくらいの大きさまで育成したら屋外のプラ舟に引っ越しです。

エアーレーションのためのチューブが見えます。

一日中エアレーションはしていません。二方分岐で弱いエアレーションを帰宅後各容器一時間程度回しているだけです。

曝気と水の循環ですね。

エアレーションは要か不要か?と言えば不要だと思います。ただ、エアレーションは有った方が良いか、無い方が良いか?と聞かれたら有った方が良いと思います。

「稚魚などエアレーションはしてはいけない!」と言われますが、親メダカ然り、稚魚なら尚更ですが、強い水流は苦手にしています。容器内に強い流れができるほど強いエアレーションはしてはいけない!とは思います。

強い水流が苦手なだけで、エアレーションは容器内の水の循環を考えても有ると無いとでは、有った方が良いと思います。

| ブルーネオン | メダカ | comments(0) | - | pookmark |
パラキプリクロミス ニグリピンニス ブルーネオン20170519
2017.05.20 Saturday 00:12

JUGEMテーマ:熱帯魚

 

前回から短期間での更新です。

続き的になりますが、卵を吐かせました。

卵を咥えていたメスは水槽の端の方に居ましたので良い画像はないですが参考までに。

iphone6sのデジタルズームなので画像荒いですね。。

見ての通り、口の中(顎の部分)が黒くなっています。この状態は、稚魚のヨークサックも無くなった状態なので(ヨークサックが残っている状態ではオレンジ色をしている)稚魚もエサを食べ始める=口から出て行ってエサを取り始める時期になります。

このメス個体だけで飼育できていたらそれでも良いかもです。。エサを取る時は口から出して、危険を察知したら口に戻し守る光景が見れるかもです。

ただ、今は他の個体やカルバス・ブラックとの混泳なので、エサを取る際に稚魚が他魚に食べられるかもしれません。

また、甘いかもしれませんが、このメス個体は、GW頃卵を咥えたんですが、それから今日まで、エサは食べておりません。お腹も凹んでいます。(まあマウスブリーダーのほとんどが、卵を咥えている間、その個体はエサは取りませんが)

よって、無理やり吐かせて稚魚の安全を図ると共に、メス個体にエサを食べて体力復活してもらうことにしました。

 

一人でやってるので、写真を撮りながら吐かせることは無理。。。iphone6s動画で撮影はしてみたのですが、アップのやり方知らないw

別の容器に水槽の水を入れて、メス個体を移します。優しく、握るようで握らないレベルでメス個体を握り固定します。

当然水の中です。頭だけが握りこぶしから出るような態勢にして、口を爪楊枝(プラスチック製の糸ようじなんか便利)で、口をゆっくり、優しく開けます。強くやってしまうと顎が外れてしまうはずです!(私は外したことないですが、簡単に外れてしまいそうな構造しています。。)優しく開けていると、中から稚魚が勝手に出てきます。ヨークサックもなくなり広いとこで遊びたくてたまらないのでしょう。喜んで出てきます^^

簡単に書いていますが、口の中での稚魚たちの態勢もあるでしょうし、稚魚の匹数もあるでしょう。優しくではありますが、握ったまま長時間いますとメス個体も弱りますから、私は1匹ずつ吐かせます。口を開けた状態で、時間が長くなったら無理せず解放してあげて、しばらくしてから再度握ります。

 

結局今回は7匹咥えていました。初産にしては多いですし、上手にここまで育成してくれてるので良いお母さんだと思います。

容器右上に今回咥えていたメス個体。体長10cmくらいでしょうか。他ちっこく見えるのが稚魚たちです。

う〜ん。。稚魚のサイズは1.0〜1.5cmくらいでしょうか。

 

この子らもじっくり育てないといけないですね。

目指せ!パラキプリクロミスの群泳!

 

オス個体。ブルーネオンと言われる所以が少し分かりますねw(写真が上手いともっと分かりますが;;)

肌色の体色に走るブルーのネオン。鰭に乗る黄色身とオスになれば鰭のエッジにかかる白いライン。

この派手ではない渋い体色に見惚れてしまいます。

シクリッドではありますが、同種間、更にはオス同士でも変な争いはしないので、90cm水槽に親個体が11匹いますが、平和なものです。カルバス・ブラックも1匹居ますが体型が違うので双方無視の状態です。

石組の下からちょっと顔をのぞかせるカルバス・ブラック。

 

プチ群泳感が出てきた90cm水槽。

まだまだ増やさないといけないですね。

 

| ブルーネオン | アフリカンシクリッド | comments(0) | - | pookmark |
パラキプリクロミス ニグリピンニス ブルーネオン20170514
2017.05.14 Sunday 22:17

JUGEMテーマ:熱帯魚

 

さあ、これもまた久しぶりの投稿です。アフリカンシクリッド。

ちょうど一年位前にオークションで落札したパラキプリクロミス11匹。

だいぶ大きくなりました。今は90cmランチュウ水槽でゆったり生活しています。

だいぶ大きくなりました。2匹はオス確定。成長途上の個体も居ますので、まだ雄の割合増えないかなあ〜。

 

写真で見る通り、地味な魚ですね。でも渋い美しさがあるのです。一番お気に入りの魚です。

こんな体型ではあるんですが、マウスブリーダーなのです。

丁度1匹メスが卵咥えてます。

iphoneのデジタルズームなので画像荒いですね。。

なんか下あごあたりが膨らんでいると思いませんか?

これは卵を咥えているからです。厳密に言いますと・・・卵を咥えたのは10日くらい前ですかね。

当時は下あごと言いますか、喉のあたりですかね、そこは卵の色のオレンジ、肌色っぽい丸っこいものがコロコロ入っている感じです。今は、日数も経って、孵化して稚魚になっている状態ですね。黒っぽく見えるのは目がそうさせています。

メダカの稚魚と違い、ヨークサックが大きくお腹の栄養でもうしばらく口の中で成長します。

 

前に飼っていた時は強制的に吐かせて採っていました。稚魚を吐かせるタイミングと吐かせ方が難しいんですよねえ。。

 

他に数匹、メス確定の個体もお腹に卵を持ち始めています。こういう体色なので、お腹に卵を持ち始めたら(性成熟しだしたら)卵が透けて見えますので、タイミング次第では産卵の瞬間を見ることができます。

水槽のレイアウトで、中央に平べったい石を組んで置いていますが、その平べったいスペースが産卵場所となります。

 

メダカはシーズンになると毎日のように産卵します。どうでしょう?良い、大きな個体は1シーズンに1,000個くらい産むんじゃないでしょうか?ただ、卵は産みっぱなし、幸いにも無事孵化できたとしても産んだ親から食べられる。。。天然界では大人になれる確率は何パーセントくらいでしょうかねえ。。

このパラキプリは、う〜ん。。今回口に咥えているのは10匹程度じゃないでしょうか。卵の状態では護られていますし、稚魚になっても、ある程度大きくなってから外の世界に出されるので、だいぶ生存率は高いんじゃないでしょうか。

 

もうちょっと殖やして、群泳作りたいですね〜

 

 

| ブルーネオン | アフリカンシクリッド | comments(0) | - | pookmark |
プラ舟棚作成!!
2017.05.07 Sunday 23:19

JUGEMテーマ:めだか メダカ

 

今日で2017年のGWも終わりです。

私はカレンダーの赤い日のみ休みでしたので6日間の休みでした。

 

まあ連続して休むより飛び石の方が好きなのでおkです。

(どうせ旅行とかは行かないし、、どこか行くとしてもホームセンターだし、、)

 

ということで、昨日の記事の続き。

 

このGWで庭をメダカ仕様にシフトしました。

昨日のプラ舟棚を移動→拡張→バージョンアップさせています。

今年のシーズンは気合が入っています!!

向かっ正面が南。

左手東側に4m、正面南に2m、右手西側に3m。

左右は二段にしていますので、60ℓプラ舟が27台置ける計算です。(地面置きは含まず)

 

私はブリーダーではないので、鑑賞しやすさ(鑑賞しやすい高さ)を重要視しています^^

 

写真では分かりにくいですが、全ての容器にエアレーションをすべく塩ビ管にてエアーの配管もしてあります。

 

ポンプは信頼の・・・

 

 

何個まで対応できるか分かりませんが、プラ舟15個とタライ等含め20個くらいまで余裕です。逆にエアーを逃がす必要があるくらいです。まあ、メダカ系は水深が浅くて良いので、エアー絞りながらの使用なので、このポンプ一個で十分かと。

これで1万円弱。。これくらいなら自分の部屋の水槽もこれにしようかなあ。。本当に本体は静かです!

ただ、パワーありすぎてエアーを逃がす必要あるのですが、これが屋内だとうるさいかもですね。

 

さあ、設備関係の記録(日記)が書けました。

 

そろそろメダカの写真でもアップしないとですね。。。

 

あ、アフリカンの記事も書かないとね。

 

 

 

 

 

 

| ブルーネオン | メダカ | comments(0) | - | pookmark |
←back 1/7 pages next→
カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
本日の格言!
人気ブログランキングに登録しています^^(まだまだですが・・)

アクアリウム ブログランキング
熱帯魚 ブログランキング
メダカ ブログランキング
鯉 ブログランキング 他のブロガー様のブログも訪問しませんか?
googleアナリティクス
Sponsored links
モバイル
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM